お知らせ対馬・木庭作サポーター制度

2018年度 木庭作(こばさく)企業サポーター制度について【企業向け】

これまで、対馬・木庭作の歴史・風土保全を大きな目的に掲げ、大平氏、神宮氏、対馬市、対馬野生生物保護センターなどの協働により、2011年より20a程度の斜面地にて実施を開始し、環境学習、幻の木庭作ソバ復活、ツシマヤマネコなど二次的自然保全、獣害抑制策として木庭作の伝統性だけでなく新たな利用スタイルを模索してきました。
活動をさらに活発化するために、2018年度より木庭作活動企業サポーター制度を開始し、企業サポーターを募集いたします。

1.これまでの取り組み実績
・途絶えていた木庭作の復活。2011年より20a程度の斜面地にて実施
・実施作業方法などの掘り起こし
・獣害対策などによる木庭作地での蕎麦の栽培安定化
・日大インターンや対馬市実践塾の受け入れ
・ツシマヤマネコのリアルタイムカメラでの観察

2.2018年度の木庭作サポーター制度
主体:ツシマヤマネコ共生木庭作実行委員会(会長:神宮正芳)
名称:木庭作企業サポーター制度
場所:対馬市上県町志多留
取組予定内容:複合的な取り組みで基盤強化の試みを行う。
・弊会の活動でしか木庭作は行われておらず、その木庭作や木庭作蕎麦の再生・継続
※対馬で取り扱わている蕎麦の種は対馬島内のみでしか流通していません。門外不出です。
・この活動でしか手に入らない、貴重で風味豊かな木庭作蕎麦栽培 ※20kg収穫見込(企業サポーター制度、木庭作オーナー制度等利用を含む)
・対馬市実践塾の受け入れ ※火入れイベントへの参加
・木庭作オーナー制度試行 ※個人サポーター(木庭作蕎麦1kg+対州蕎麦2kg)/口×10口
継続予定実施期間:試行のため3年〜
募集金額:3万円/口
追加オプション:(+2万円/口)
・木庭作蕎麦の製品への利用(5kg)
※その年の収量により可能かどうか判断
特典:
・対馬の風土産業としての木庭作文化復興を地元企業のCSRとして活用
※風土及びヤマネコ保全への取り組みへの支援
・広告利用 ※利用時応相談
・木庭作イベントへの会社員の参加権+顧客数名の参加権
⇒火入れ(8月の二日程)、収穫(11月上旬の一日程)、脱穀・製粉(11月上旬の二日程)
・木庭作地にサポータ企業名の掲示
・各所でのスポンサー名記載 ※弊会SNS、ウェブサイト等。弊会のPRとしても利用いたします
・NPO法人EASでの製品開発・デザイン等におけるコンサルティング割引
・カメラで木庭作地試験配信
※試験的試みであるため、天候、通信状況、予算の都合などで配信停止する場合あり
・木庭作蕎麦の製品への利用 ※追加オプション

 

木庭作イベント実施日が決定いたしました!(7月20日追記)


8月29日(水)午前中:火入れ 午後:種まき
※詳細は会員の方に直接お知らせいたします。
 

ご興味のある方は下記よりご連絡いただければ幸いです。


※お申込みいただいた後、弊会よりメールにてご連絡いたします。
※ご記入いただいた後、赤い「送信」ボタンを押してください。


企業サポーター制度